遂に…?

今日は2つのビッグニュースを紹介します。



1つ目!

推薦の校内選考通りました。当たり前って言っちゃぁなんだけど、とりあえず安心。願書提出まで約二週間!



2つ目!

まずはこれを見てみようか。


メルマルナ: カ、カンキセ、いきなりタイマーが作動したぞ!
カンキセ: ワンアワーか・・・、急げー
メルマルナ: にしても何でこんな塔に飛ばされたんだ…変な妖精いるしさ
カンキセ: うーむ、なんだかいつものモンスターより強いような。しかし私の高速切りでどんどん欠片を回収するぞ!
メルマルナ: ちょっと待って、中にカワイイ子いるかもしれないし、髪型をセットさせて。
カンキセ: ブハハハ。なかなか前衛的な髪型じゃな。メイプル界のモテ王間違いなしだな。
メルマルナ: しかし武器が心もとないな、それ貸してよ
カンキセ: この苦労して作ったドラゴンウエポンを貸せと・・・。ちゃんと返してよ。
メルマルナ: ごめ、鳥のモンスターにもっていかれちゃった、あっちの方に飛んでったよ
カンキセ: 追えー、追うんじゃ。そこのでかい鳥を倒すのじゃ。
メルマルナ: (強そうだし、カボチャに化けて逃げるか)
カンキセ: こうなれば、我が眷属を召還してやる。



メルマルナ: おおお、ゴーストの仲間がでてきた、形勢逆転だ!
カンキセ: うむ、危険だから奴らは何もしないがなHAHAHA!冗談はココまでじゃ。やつを倒したらいいものが手に入るからがんばるのじゃ。
メルマルナ: ぜえぜえ…やっと倒した…でも武器戻ってこなかったね、ウロコは手に入ったけど…
カンキセ: おいおい、伝説の武器は簡単には手に入らないぜ。そうそう、そろそろ偉い人のところに行かないと。
メルマルナ: 挨拶でもしにいくのかい、じゃそんな犬の帽子は脱いでおきなよ
カンキセ: そうじゃな。やはり秋の味覚の帽子が1番じゃな。お土産をもらう鞄も新調したし、Let's go!
メルマルナ: 行く道にさ、じゃんけんばっかやってる人がいるけど、なんなんだろうね、あれ。
カンキセ: ふむ、童とあそんでみるかって、1000メルも取られるの~
メルマルナ: カ、カンキセ寄り道しすぎた・・・タイマーのカウントがもうないっ
カンキセ: あきらめてテオと思い出話でもしようじゃないか。





100武器か110武器がついに実装!?

今日、武器庫で狩りをしてレベルが97になったのでもし実装されてもなんとか近いうちに装備はできそうです。
ドラゴンパルチザン(*´Д`*)ハァハァ



SS撮ったけど載せれなかった><;
また今度!
[PR]

  by timimouryouxp | 2006-09-20 23:06

<< 衝動買い 『真実』に到達することは決して無い >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE